折りたためる洗濯カゴが本気で便利な話

4月の急上昇ランキングでも堂々の1位だった 、“折りたためるランドリーバスケット” 。スタッフが実際に使ってみて分かった良いところ(と、個人的にちょっぴり残念だったところ)をご紹介します!

驚きの薄さ!脱衣所がすっきりした

その名の通りコンパクトに折りたたむことができるこの洗濯カゴ。折りたたんだ状態だとこのようにすごく薄いです。その厚さ何と3.5cm!

我が家は洗面脱衣所に洗濯機があるのですが、洗った洗濯物を運ぶための洗濯カゴが、洗濯機横のスペースを占領していました💦

しかしこのカゴは、洗面所と洗濯機の間の狭いスペースに収納することができました。

空いたスペースを活用すれば、戸棚にぎゅうぎゅうにしまっているものをきれいに収納できそうな予感…?すっきり暮らしている人はこういうところでスペースを節約しているのかもしれませんね。

組み立て・折りたたみが簡単

  • 組み立て方
    • 口を軽く広げる
    • カチッと音がするまで底を押し込む
  • たたみ方
    • 底をポンっと軽く叩くだけ

簡単すぎて手順を書くまでもないですね。組み立てる時も畳む時もワンタッチなので慣れれば一瞬でできるようになりました!

 

さっと出してすぐ使えるのがスマートで嬉しいです。丈夫なプラスチック製で、組み立てた状態では折りたたみのカゴとは思えないほどガッシリしています!

こだわりを感じる…人気の理由!

ここまで読んでくださった方なら、“折りたためるランドリーバスケット”の良いところが伝わってきたのではないでしょうか。さらなる人気の秘密を探るべく、思い切って販売元の清水産業さんに製品のこだわりを聞いてみました。

アイコン1

スタッフ

このランドリーバスケットの

こだわりってどこですか?

清水産業
さん

ずばり形ですね。

丸っこい形でもたためるように

両端を動くようにして、

素材も柔らかくカーブする

硬さにしました。 

アイコン1

スタッフ

たしかに、底の部分が

弁のようにパカパカ動くのは

見慣れない構造ですよね。

清水産業
さん

四角形だと段ボール箱のように

畳むことはできますが、

インテリアとしては

あまりよくないと考えました。

アイコン1

スタッフ

なるほど!

普通の洗濯カゴのような

使いやすさとデザイン性を、

両方求めた形なんですね。

清水産業
さん

そうですね。

畳めないカゴを使っている方、

フレームにカバーをかける

バスケットを使っている方、

持ち運びできるバスケットを

お探しの方などに

お使いいただけると幸いです。

最後に、ここには注意!

個人の感想になりますが、1回の洗濯物が多い場合はカゴに入りきらない可能性が高いと思います。折りたためるカゴとしては大容量だと思うのですが、流石に縦式洗濯機のMAX容量だと、洗濯物はカゴ2つ分くらいになりました。

とはいえ、それは普通の洗濯カゴでも同じことですから、カゴが2つあっても置き場所に困らない点でやはり便利ですね! 

2つセットで購入するお客様が多いのもこんな理由なのでしょうか?

 

さてさて…
ここまで読んでいただきありがとうございました!

今回は、 “折りたためるランドリーバスケット”をご紹介しました。

この商品の情報を詳しくご覧になりたい方は下のリンクからご覧くださいね。

折りたためるランドリーバスケット
¥2,200

カラー:ホワイト・ブルー
サイズ:約幅55・奥行38・高さ39cm、折りたたみ時 約幅71・奥行3.5・高さ41cm
重さ:約920
容量:約38
耐荷重:約10k
素材:ポリプロピレン

ショップスタッフ 佐藤